<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 初作品 | main | 夢の実現 >>
# ソウルプレイス

 名古屋に帰省していたのだが、昨夜(2010年7月5日)今の住まいである横浜に戻ってきた。(帰省中お世話になった皆さん、本当に楽しい思いをさせてもらいました。ありがとうございます♪)
私は22歳のときに結婚し、元夫(現在は離婚している)の転勤に伴って横浜に住むようになり、今年でもう23年目になる。(現在45歳)
だからほんの少しだがもう名古屋より横浜に住んでいる期間の方が長くなっているし、今までに何度となく帰省をしている訳で、ことさら感傷的な気分になったことはなかったのだけれど・・・

今回は、初めて名古屋を離れるとき「ああ、このままいられたらな」という思いが湧き上がってきた。
結婚生活を送り、子どもを生み育て、仕事をして、そして今病気とつきあいながら日々過ごしている横浜は、今の私にとっては確かに生活の場所そのもの。
でも両親のいる場所、子ども時代・青春時代を過ごした場所はやはり特別なところなのだろうか。
特に今回は、私の病状しだいでは最後の帰省になるかも知れないという覚悟?もあり、ことさらに離れがたい思いを感じてしまったのかも知れない。

みそ煮込みうどんやスガキヤラーメン(名古屋のいたるところにあるB級グルメなラーメンチェーン)が私にとっての「ソウルフード」であるように、やっぱり名古屋は私にとっては「ソウルプレイス」なのだろう。
しかし、私には横浜でお世話になっている病院がある。別に特別な治療を受けているわけではなく、たぶんどこでもしていただけることばかりなのだろうけれど、病気の最初からずっと経過を見てもらっていて、緩和ケアや看取りをお願いしようと思っている今の病院にやっぱり通い続けたい。
そして横浜に生まれ育ち、それこそ生活の全てが横浜にある娘と少しでも一緒にいたい。
そのためにやっぱり横浜で最期の日々を過ごそうと思う。
・・・って前々から決めていたんだけれど、昨日はちょっとだけブレた。
それだけ名古屋が居心地よかったんだね。皆さん、本当にいろんなお心遣いありがとうございました。

今日は午後から抗がん剤治療をしていただく。
なんだかいきなり現実!って感じだけれど、一つ一つ、一日一日できることだけを丁寧にやっていくしかない。
生きられなくなる日が来るまで生きる。
そして生きられなくなったら骨になる。その骨は横浜のベイブリッジの下にまいてもらう(沖縄にしようと思っていたのだけれど、諸般の理由により横浜に決定・ちゃんとそういうのをやってくれる会社があるんだよ)
そしてちょこっとだけ、ソウルプレイスである名古屋に内緒でまいてもらおうかな♪
どこがいいかなあ〜
名古屋在住のみなさん、よい場所があったら教えてくださいね。



| comments(3) | trackbacks(0) | 09:15 | category: 暖かい人たち |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:15 | category: - |
コメント
望さんが、実家に行くっていうより、帰るっていう気もやはりするって言ってて嬉しかったです。いろんな事が変化してもホームポジションは変わらないからね。いつでも待ってますよ〜
| ともみ | 2010/07/07 9:49 AM |

横浜 ⇔ 名古屋 は近いから、いつでもこられるって!
nozomiさんの居場所は名古屋にもしっかりあって、どちらも選べるのだから、好きなときに行き来したらいいよ。
| あま | 2010/07/07 2:42 PM |

>ともみさん
ひつまぶし、ごちそうさまでした!(両親もあの鰻屋さんに行ったことがあるそうです)
ホームポジション、いい言葉ですね。帰れる場所がある・・・とても幸せなことだと思います。

>あまさん
いろんな差し入れ、本当にありがとう。
そうだよね、横浜と名古屋は2時間もあれば行ったり来たりできるのだから、気持ちのままにうろうろ?したいと思います。
| 望 | 2010/07/08 9:31 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nozomi64.jugem.jp/trackback/201
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links