<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< せっせと | main | おたく姉妹の休日プラス1 >>
# ガンで機嫌よく死ぬ
 2010年6月19日(土)から21日(月)まで、このブログにもたびたび登場してもらっている元同僚のSさんと、四国の徳島に旅行に行ってきた。
Sさんは最初沖縄一人旅を計画していたらしいのだが、途中から私が便乗し「四国にまだ行ったことがないから行きたい。渦潮って見てみたい」とわがままを言い出したのにつきあってくれて、今回の旅行が実現したのだ(Sさん、ありがとね)

1日目は目論見どおり、船に乗って「鳴門の渦潮」を見る、きゃー、すごいすごい、ほんとに渦を巻いている!
子どもの頃「うず潮」という名前の洗濯機を売っていて(はるか昭和の昔)、そのCMで渦潮を見た時から一回見てみたいと思っていたんだよね。満足満足♪
その後は近くにある「大塚国際美術館」を見学。この美術館は少し変わっていて、全ての絵が複製なのだけれど、その代わり世界中の名画が完璧に揃っているという所・・・ん?ちょっと微妙??
「複製」ばかりだから、いわゆる本物からかもし出される緊張感やオーラはない代わり、本物ではない訳だから絵に触ったり一緒に写真を撮ったりするのはまったくの自由。
皆、ここぞとばかりに、「モナリザ」とのツーショットを撮り、ムンクの「叫び」のまねをしてふざけ、巨大な「最後の晩餐」や「ゲルニカ」に映り込むという暴挙に出ていた(ちなみに我々も全く同じ行動を取る)
ははは、これはこれでとっても楽しいかも♪

2日目は徳島市内から少し足を伸ばして大歩危・小歩危(「おおぼけ・こぼけ」と読む)、そして租谷(これは「いや」)という渓谷地帯を、昭和の懐かしいボンネットバスで巡るというツアーに参加。
吉野川を船で下ってとっても気持ちよかったし、祖谷にある「かずら橋」という植物のつるで編んだ、超揺れるつり橋を渡ったりもした。
かずら橋はとにかく揺れるし、高いし、下(歩く部分)はスケスケで川が見えているし、皆、横の手すり部分(これも植物のつるでできており何とも不安定)につかまりながらおそるおそる渡っている。
平地でも歩行が怪しく、しかも重度の貧血の私、渡り始めてから一瞬「大丈夫かな?」と心配になるが、元々私は高いところが大好きなんだよね。
おぼつかない足取りながら、渡っているうちにだんだん楽しくなり、ガン患者風に言うならば「免疫力が上がってくる」のを感じてしまったほど、楽しんでしまった。

最終日は「眉山」に上ったり、川辺の公園で鴨と遊んだり、徳島市内をのんびり観光して帰路についた。
昨日(2010年6月22日)抗がん剤治療をしていただき、普段だったら今(6月23日の午前中)はぐったりしているはずなのだけれど、まあまあ体調がよく、こうしてパソコンに向かうことができているのも、もしかして「徳島効果」?かなと思うくらい、楽しくて心が安らいだ旅になった。

一緒に旅をしてくれたSさん。病人の私をいつも心配し気遣ってくれる、本当に心優しい女性である。
Sさんはただいま婚活中。私の生きているうちに、信頼できるパートナーと出会ってくれるといいなと私はいつも願っている。
旅行をしていても、しつこい私は常にそのことを忘れていない。移動中も「料理合コンはどうだろう?」「ゴルフを始めてみるっていうのはどうかな?」と、Sさんにいくらうるさがられても、縁結びのアイディアを出しまくる。
そんな中、大歩危の川下りで乗り合わせたおじさんが一眼レフのカメラで熱心に写真を撮っているのを見たSさんが一言「ああいうカメラ、ちょっと欲しいよね」と・・・・パクッ、食いつきました!そのアイディアいただきましょう!
写真だよ、写真! 写真を趣味にして何か出会いを作るんだよ!
写真なら性別を問わず楽しめるし、幸いにして?カメラにはあまり詳しくないSさん、「教えを請う」という形で詳しい男性とコミュニケーションが取れそうな気がするし。
写真サークル(そんなのあるのかな?)にはいってもよいし、とりあえず写真ブログみたいなのを作ってみたら、誰かからアクセスがあるかも・・・と、完全にSさんを置いてきぼりにしたまま私の妄想は広がる。
そして私はブログの内容まで勝手に決める。普通に風景や花などを載せるよりも、できるだけインパクトの強い被写体を選んだ方がよいのでは?
そしてSさんの身近に存在するインパクトの強い被写体と言えば・・・そう、私よ、私♪
「余命一ヶ月の花嫁」のように若くも美しくもないけれど、今、死を強く意識しながら一日一日を生きている私。この先病状が悪化していくに違いないけれど、それでも生きていく私の姿を写真におさめてブログで公開してもらうというのはどうだろう?
Sさんのブログはもちろんこのブログとリンクさせ、そのタイトルは「ガンで機嫌よく死ぬ」・・・ちょっと、いやかなり婚活サイトとしては暗いかな(笑)
でも写真に関心のある男性、生きること死ぬことについて真剣に考えてくれる真面目な男性、そんな男性が気に留めてくれるような、そんなブログが作れたらいいのだけれど。
Sさん、私は真剣だよ。「ガンで死ぬ」っていうことが結局どういうことなのか、私にも今もってよくわかっていないし、皆より一足先に体験する私の姿をみんなに見てもらいたいとも思っているし。
人口の半分がガンにかかるという時代らしいし、うんうん、社会的にも意味のあるブログになるよ、きっと。
って、あまりにもしつこいので、これくらいでやめとくね(笑)
でもとりあえずボーナスの残っているうちに一眼レフのカメラ買ってね。そしたら私の「遺影」を撮ってね♪ 楽しみにしています♪







| comments(7) | trackbacks(0) | 10:08 | category: お出かけ |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:08 | category: - |
コメント
かずら橋へ行ったんだ! いいなー。そこは、私の「行ってみたいところリスト」にも入っているわ。
いつか・・と思いながら、私はなかなか行動できないでいることが多いので、スパッと行動できる(それでいて緻密に計画もできているであろう)nozomiさんには勇気づけられます。

nozomiさんの、「行ってみたいところ」「やってみたいこと」から、次に何が飛び出してくるのか、目が離せませんね。
 
| あま | 2010/06/24 4:28 PM |

nozomiさんお元気ですね〜〜
私は一度も四国に上陸したことがありません
これからも、行くことがあるのだろうか??

今日夜、ダンナのお父さんの主治医と今後の治療方針の
話し合い
あ〜〜、ダンナのお父さんは肺ガンです
80歳
それもタバコが主因と言われている
扁平上皮癌
60年間のヘビースモーカーの結果です

最近、高度成長期世代のタバコのつけで
男性の死亡率のトップは肺ガンだそうです

どうも、ナースの私と他の親族の医療に対する思いというか
温度が違いすぎて
ダンナとド喧嘩になりそうだったが
ぐっとこらえた。

こんな日でもあったが
昼間は、オペラ座の怪人を見に行きました
思った以上に、すばらしかった
今日の主人公のクリスティーナ
なんとなくnozomiさんに似ていたような・・・・・

日々、つらいことも、嫌なことも多いけど
同じぐらいに、楽しかったこと、ステキなことも多い
それを両方とも味わっていきたいな
| イオリン | 2010/06/24 10:40 PM |

>あまさん
私は仕事していなくて時間があるから、行きたい所にすぐ行けるだけなんですよ〜。
昨日「旅に出たくなる地図」という地図帳を買ったのですが、行きたい所だらけで困りました!

>イオリンさん
そうかあ、ダンナさんのお父様は肺がんなんですね。家族それぞれいろんな思いや考えがあるだろうから、難しいですよね。
つらいこと、いやなこともあり、だけどびっくりするような素敵なこともある、月並みだけど人生って味わい深いよね。
最近は「いい旅夢気分」(旅番組)をぼんやり見ているだけでも、いや〜人生っていいな〜としみじみしてしまう私です。

| 望 | 2010/06/25 9:26 AM |

おかえりなさい。
さっそく「徳島効果」が出てよかったですね。
美術館好きの私には「大塚国際美術館」は要チェック!です。
私も数年前に鳴門を見に家族旅行に行きました。(そのときは淡路島に行きました)
本当に海の上に渦巻いてるのってちょっと感動ですよね。

専業主婦(おまけにパートすらせず)だと身動き取れず、メナード美術館(近っ!)さえ行けません。
もともと一人旅でふらふらするのが好きな私。
今後どうなるやら・・。


また行きたい場所に行けるといいですね。
報告待ってます。



| みどり その2 | 2010/06/25 11:44 PM |

四国と九州には行ったことないの。
四国に行って見たいな。
徳島にも行ってみたいし、
四万十川に行くのと本場の讃岐うどんを食べたい。
でも遠いなー
| バニバニ | 2010/06/25 11:56 PM |

望みさんのブログに時々登場する聖おにいさん、買ってみたよ、2−5しかなかったので2か5、迷って、2巻を買ってみました。しばらく漫画引退していた私だけど、漫画復活の波が押し寄せてきていてね^−^アマテラスとか、ガラスの仮面も買ってみた。

鳴門、見に行ったんだね〜〜〜、今回、読んでいてもものすごく徳島効果、感じるよ!元気がみなぎってる。

この間、アートのクラスでね、鳴門を、絵葉書作りに入れてみたんだけど、これって、世界的にも珍しいことなのね。娘にどう説明する?ときいてみたら、tsunami? という。。よく説明して、え、これ、普通のことなの??(災害ではない)というお互いの理解が得られた。。

自然っていいよね〜小さなころはそう思わなかったけど、最近、つくづく感じるよ。4月にね、death valleyに行ったの。これもまたものすごく感動だった。あと、mammoth lakeで、360度の絶景の中温泉に入ったのもよかった。温泉っていいよね。こっちにはそうないので、(あっても、舗装された道から8時間歩く、とか)私も、温泉効果あったよ。あと、砂漠効果???砂漠の鳴き声のようなのもよかったし、砂丘もよく、ものすごい自然にすっぽり包まれたんだけど、けど、いかんせん、暑すぎて、それで、mammoth lakeに涼みにいったんだ。。砂漠は海面以下だけど、そこは、3000−4000m級の街からさらに山が連なってて、すごかった。でもね、日本のいろんな自然、もっと見ておきたかったなと思うよ。

sさんの婚活、私も応援(心の中で)しているよ!
私も一日一日もっと大切にしなきゃあな。
| さなえ | 2010/06/26 4:16 AM |

>みどり その2さん
「大塚国際美術館」のようなところに行くのは初めてだったんだけど、かなり楽しめますよ。お勧めです!
誰かと一緒の旅行も楽しいし、一人旅でふらふらするのも気ままでよいし・・・旅っていいですよね。

>バニバニさん
羽田空港から一時間ちょっとで行けちゃうから、四国は案外近いですよ。
のんびりしていて心が休まりました。機会があったらぜひぜひ♪

>さなえさん
自然の効果ってすごいんだなあ、と私も実感しています。
アメリカなら、本当に桁違いの自然に出会えそう・・・
私も漫画熱復活中。小学生の時から読んでいるガラスの仮面の終了を待たず、まさか自分が死ぬことになるとは思わなかった(笑)


| 望 | 2010/06/26 8:45 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nozomi64.jugem.jp/trackback/195
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links