<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 建設 | main | ねえ、知ってる? >>
# 人生最悪の日

 昨日(2009年11月10日)、病院に行き先日撮ったCTの結果を聞いてきました。
ついに肝臓に転移してました・・・お月様のようにまん丸に(!)
腫瘍マーカーも4桁に上昇しており(普通は35以下)、このままでは半年どころかあっという間に死んでしまうとのことで、早速来週の月曜日(16日)から最後の抗がん剤、カンプト+シスプラチンをやっていただくことになりました。
多少の体調の悪さはあっても、まあまあ普通に暮らせているのだけれど・・・自分の身体ながら、こんなに悪くなっているなんて信じられない思いでいっぱいです。
皆さん、ご心配いただきありがとうございます。

病院から帰宅し、ある程度予想はしていたものの「転移」という事実を受けとめられぬまま、ぼんやりしたり、ちょっと泣いてみたり、「チャングム」の続きを見たりしていたのだが(残り時間が少ないのでこんな時でもチャングムは見るのだ)、待てど暮らせど娘(日勤)が帰ってこない。
日勤の時は遅くても8時くらいには帰ってくるのだが・・・前夜からCTのことで私が暗かったので、もしかしたら家に足が向かないのかなと思い、電話をかけたりメールをしたりしたのだが何の返信もない。
転移はしてるし、娘は帰ってこないし、何だか真っ暗な気分である。

10時頃になり、昨今は物騒な事件も多いゆえかなり心配になってきたところに、やっと電話があった。
「お母さん、私病院で事故を起こしちゃってね・・・今報告書書いたりしてるから当分帰れない」と涙声。
えええ、事故!? 
詳しく話している余裕はないようなので、とりあえず電話を切ったが、事故を起こしちゃったとは!?
まさか患者さんが亡くなるような大事故では!?
驚きのあまり、自分の癌転移のことなどぶっ飛んでしまった。

その後0時近くなって娘が帰宅。
事故という事実に軽重はないと思うし、患者さんを傷つけご迷惑をかけたことに違いはないものの、不幸中の幸いで命にかかわるようなことではなかったと言う。
患者さんが生きてさえおられるなら、この先いくらでも償えるチャンスはあるし、その分しっかりお世話をさせていただいたらいいんじゃない?、少し仕事に慣れてきて慢心もあったかも知れないし、ここでがっつり気を引き締めればいいんじゃない?と話すも、すっかり落ち込んでしまって泥沼の様子。
「お母さんの転移は見つかるし、私は事故を起こすし、今日は人生最悪の日だ・・・」とずっと泣いている。

うーん、私はそうじゃないと思うよ。
「人生最悪の日」って、たぶんこんな程度のことじゃないと思うよ。
45年の私の人生の中で、もっと悪い日はいくらでもあったし、たぶん人生最悪の日はこれから訪れるんだよ。
M(娘)なんて21年しか生きてないんだから、これからいくらでももっと悪い日があると思うよ。
生きている限り、必ず何かが起こる。
街行く人々やテレビの中の人々を見ていると、自分以外の人は皆健康で幸せそうで、自分だけが不幸に思えてしまうことがある。今の私には特にそうだ。
でも、きっとそうじゃない、みんな多かれ少なかれ、生きていれば必ず何か悩みはあるものだ。
仮に、今まで何も不幸なことがなかった人がいたとしても、人は誰でも必ずいつかは死ぬのだから、その時やっぱり苦しみが訪れるだろう。

だから、何かが起こるのを恐れるのではなく、何かが起こったときどう対処できるかが大切なんだと思う。
何か不幸が訪れた時、挫折した時、どう対処するか?
自分らしく、自分が今まで積み重ねてきた経験を生かして対処できるか?
そこでその人間の真価が問われるんだと思う。

・・・とずいぶん偉そうに書きましたが、この文章は自分のために書きました。
この先おそらく毎日のように「人生最悪の日」が訪れるであろう自分のために。
どう対処できるか・・・皆さんちゃんと見ててくださいね。
見たくないと言っても、逃さないよ♪

「<最良の日>も ときどきは 来て欲しい」 望





| comments(6) | trackbacks(0) | 07:31 | category: 家族 |
# スポンサーサイト
| - | - | 07:31 | category: - |
コメント
我が子の人生最悪の日に寄り添えるのは、親として幸せだな と思ったよ。  いいお母さんだね。
| あま | 2009/11/12 1:15 AM |

うんうん、そばにいられてよかった・・・と私も思います。
ずっとそばにいてやりたいけど、そうもいかないからね。これは私だけではなく、普通は親の方が先にいなくなるものだからね。
その時そばにいてくれる「応援団」をたくさん作ってほしいなと願っています。
| 望 | 2009/11/12 7:46 AM |

応援してるよ!
| さなえ | 2009/11/13 6:31 AM |

>さなえさん
ありがとう♪
| 望 | 2009/11/13 8:41 AM |

私も応援してます〜!

カラオケの様子を読んでると、私は母と向き合ってるかな、という気持ちがよぎりました(。>_<。)
いまだに母も私もお互いを前にして泣いたことがありません。。
なんだか気恥ずかしくて、そして、母が私の前で泣かないから私も泣いたらダメって気がして、
ずっと母の前では泣けなくて、、、
その分、母のいないところで、
実は職場で仕事中ワンワン大泣きしちゃいましたけど(^^;
母の前でも、素直な部分を見せれたらな〜と思いました。。

そして、うちの母も肝臓が心配だな〜と思っていて、愛用しているものを紹介します〜。

★青汁《漢方など生薬配合》★
http://www.taisho-direct.jp/hm/

★八九膳★
http://www.ishigakinotokusan.com/shoku/uy6.html

あと、フコイダンの錠剤を飲んでみたり、
人参ベースの野菜ジュースをミキサーにかけて飲んでみたり、、、
いろいろ挑戦してます。。

最近は沖縄の食材や調味料がお気に入りです。
長寿の町、沖縄、、体に良い食材がたくさんあります〜♪
| くみこ。 | 2009/11/15 11:19 AM |

いろいろ情報ありがとうございます。私も沖縄の料理は大好きですよ〜
いろいろ努力されているんですね。
実は先日から、娘と交換日記をしてます。娘の上司の看護師さんが勧めてくれたんです。
後に残るし、口では言いづらいことも素直に書けます。よかったらいかがですか?

| 望 | 2009/11/16 9:02 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nozomi64.jugem.jp/trackback/118
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links