<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 心の平安
100429_065823.jpg
特に仏教徒という訳ではないのだが(私の宗教観は「なんか<大いなるもの>ってやっぱいるんだろうなあ」という程度)、お寺とか神社とかに行くと、祈りをささげている人々の姿や自然に癒される感じを受け、心が静まるのを実感する。
最近はあまり外出もできないので、家の中で写経と彩仏をやってみた(用紙はインターネットからダウンロード)
お経の意味とかはよくわからなかったりするのだけれど、集中するので、確かに自分と向き合うことができる。
最後に「願意」(お願い事)を書く欄がある。普通だったら「病気平癒」とか書くみたいだけれど、自分と向き合った結果、私はもう病気が治ることなんかちっともお願いしたいと思っていないことに気づいた。
私の病気は治らない。完全にそれを受け入れた。あきらめた・・・のともちょっと違う。治らないなら、もうこれでいい。
その代わり、最期まで自分らしく生きたい。それができる強い心が欲しいだけ。
強い心といっても、痛みを我慢するとかそういうことではなく(娘には、意識レベルが下がってもいいからモルヒネをガンガン使ってもらえるよう先生に言ってね、と頼んである。痛いのが怖いので)、ただ無理のない自然のままの自分で最期の日を迎えたい。
死にたくなければ、死にたくないなあと素直に思おう。もう死んでしまった方が楽だと思ってしまうような時には、ああもう死んじゃいたいと思おう。
どちらの気持ちがわいてきても、押さえつけることをせず、ただ思ったままに心を解き放っていられたらいいなと思う。
身体が言うことを聞いてくれない今の私だけれど、心だけは自由に遊ばせていたい。
っていうことを短い言葉にして、「願意」のところに書かなくちゃいけないんだけれど(結構スペースが狭いので)、語彙があまりにも乏しいのでまだ書けないでいたりする・・・(涙)

「お釈迦様 やっぱり耳たぶ長いのね」(「聖★おにいさん」読者に捧げる一句)  望

| comments(3) | trackbacks(0) | 08:37 | category: 心が和むもの |
# 幸せの予感♪
100410_163522.jpg
おやつに「ハイレモン」をなめていたら、ニコニコマーク付きの子が出てきた!退院のめどもたたず、お腹も何だか痛くて、ちょっと今日は元気がなかったのだけれど、きっといいことが起こりそうな予感がします(^O^)
| comments(4) | trackbacks(0) | 16:43 | category: 心が和むもの |
# 今年も会えたね
 歩いていると、ちらほらと早咲きの梅を見る季節になった。
おととし(2008年)の夏ガンにかかっていることがわかり、去年(2009年)の今頃は「もう来年は梅や桜を見ることもできないのでは?」と、今まで風流にはトンと縁のなかった私が、せっせとお花見に出かけていたものだ。
病気がわかってからの私のメインテーマ?は、常に「これを見るのも今年が最後かも(涙)」
梅や桜もそうだし、つつじやあじさい、新緑の木々、ひまわり、紅葉、クリスマスツリー・・・季節物は全て「最後シリーズ」に該当し、夏の終わり頃など、蚊を叩いても「こいつが私が叩く最後の蚊かも」と、夜中に一人感傷にひたっていたものだ。
よりによって、微細なガン細胞が溶け込み(?)、薬漬けになっている血を吸ったあげく叩かれて死んだ蚊を偲んでしみじみ・・・かなり不気味である。

そんな私であるが、今年も梅を見ることができた(桜のことはまだわからないが)
梅さん、また会えたね。もう会えないと思っていたよ。
今度こそ本当に最後かも知れないけれど、とりあえず会えてよかった。

以前、季節の変わり目ごとに体調が悪くなることに悩み、四季のある国で病気になったことをぐちぐちと綴ったことがあったが、今の私には四季のある国で季節物にさらされていることが、ある意味ストレスでもあるし(常に「これが最後かも」と思ってしまうので)、よい意味での緊張感をもたらしてくれているような気もする。
これを見るのは最後かも知れない。
ここに来るのは最後かも知れない。
そして、この人に会えるのはこれが最後かも知れない。

2月も丁寧な心を忘れず、日々を重ねていきたいと思う。
| comments(4) | trackbacks(0) | 08:53 | category: 心が和むもの |
# ビリケンさん増える
100131_070054.jpg2010年1月29日(金)、東京駅の大丸で子どもの頃好きだったイラストレーターの内藤ルネさんの展覧会をやっていたので、見に行って来た。
(1970年代にパンダのイラストで一世を風靡した方です。「昭和の少女」世代の人なら、みんな見たことあるんじゃないかなあ)
ショップでルネさんのデザインしたビリケンさんを販売していたので、ビリケンさんを信仰?している私は大喜びで購入。

箱になぜか「今の幸せを守る」って書いてあるんだよね。
これから幸せにしてくれるんじゃなくて、「今の幸せを守る」神様なんだね。
箱にそう書いてあるのに気付いてもやっぱり買う気になったんだから、きっと私は今幸せなのだろう。
客観的に見れば、私のような状況で「幸せ」を感じるなんておかしいのかも知れないけれど。
でもどんなせっぱつまった状況の暮らしの中にも、やっぱり幸せはあるんだと思う。
そして、それをきちんと感じられる自分を育てていきたい。
それが強い心を持つってことなのかな・・・と思う。

「らっきょうにちょっと似ている ビリケンさん」 望
| comments(3) | trackbacks(0) | 07:20 | category: 心が和むもの |
# ねえ、知ってる?
 正直、心がとっても疲れている私。
新しい抗がん剤への不安、死への恐怖、自分がいなくなった後の心配・・・片時も頭を離れることがない様々な負の心の動き。
心をしっかり持たないと免疫力が下がりますます悪くなるのだから、明るく楽しく!とつとめてはいるのだけれど、心の振り子が自然にマイナス方向に振れてしまうのを止めるのはとっても難しい。

そんな私の最近の心のなぐさめ・・・それは「豆しば」!(皆さんご存知ですか?)
一言で言うとキャラクターなんだけど、豆に目鼻がついていてとっても可愛い子達なのだ。
おおむね料理や皿の中にひそんでおり、突然「ねえ、知ってる?」と人間に話しかけ、「あまり役に立たない」豆知識を教えるのがお仕事。

いろんな「豆しば」がいて、一番基本が「枝豆しば」。あといつも3粒くらいでつるんでいて個別に行動するのが苦手の「グリーンピースしば」、ヘルメットみたいな殻をかぶっていてひきこもりの「ピスタチオしば」、体がうにょーっと曲がっていてひねくれ者の「カシューナッツしば」、しわしわのお年寄り集団「甘納豆しば」、粘り強い性格の「納豆しば」・・・とこうしてえんえん書いていても、あまりのばかばかしさに口元がゆるんでしまう。
「外国豆」の「ジェリービーンしば」というのもおり(確かに「ビーン」は豆っていう意味だろうけど、ジェリービーンズは豆なのか!?)、「Do you know〜」と英語で豆知識を披露したりもする。

ああ、くだらない♪♪♪
あまりにもくだらなくばかばかしいので、ほんとに楽しくなってしまう。
日本のどこかに(っていうか「電通」っていう会社の中に)、仕事として日々「豆」の性格やら「役に立たない豆知識」やらを真剣に考えている人たちがいる・・・ってことだけで、嬉しくなってしまう。

無料ダウンロードが大好きな私が、月額315円も払って(笑)、「豆しばモバイル」という有料携帯サイトについにはいってしまった。
寝る前に「豆文字(いわゆる絵文字)」をダウンロードしたり、「住民票」ならぬ「住豆票」を取得したり、ふにふに動く豆どもをぼんやり眺めたりするのが楽しみ。

だいぶ心が病んでいます(笑)
極限状況ゆえお許しください♪

「日本の 健康守る 大豆しば」 望
| comments(5) | trackbacks(0) | 09:08 | category: 心が和むもの |
# 秋の夜長に
090929_235017.jpg普段「人生の残り時間が少ない!」とわめいているくせに、秋の夜長、ブロック遊びにはまっている。
これは「ナノブロック」というとても小さいブロックのキット。(単三電池を大きさの目安にしてください)
もともとビーズや千羽鶴作り等の細かい作業が大好きな私。お店でこのブロックを見た途端、やりたさでいっぱいになってしまって、「人生の残り時間云々」は吹き飛んでしまった。
もっと社会貢献(?)に時間をさかねば・・・と思いつつも、しばらくはまりそう。
神様、許してください。

| comments(2) | trackbacks(0) | 23:53 | category: 心が和むもの |
# フモフモさん
090129_075427.jpg友人より「お見舞いゆうパック」が届いた(ありがとね♪)
その中から出てきたのがこの「フモフモさん」!かわいい・・・なんか癒される♪
その友達のお嬢さんもフモフモさんが大好きで、あと私の敬愛するエド・はるみさんもフモフモさんをお持ちとのこと。
さっそくエドさんのブログを見ると、ほんと、たくさんのフモフモさんに囲まれて生活されているみたい。牛だけじゃなくて、いろんな子がいるみたい。
柔らかいので、娘と二人でこねこねといじくりまわしちゃいました。
入院するようなことがあっても、一緒に来てね、フモフモさん。
| comments(0) | trackbacks(0) | 07:58 | category: 心が和むもの |
# 暖かいお正月
 一週間ほど帰省していた。
毎日、懐かしい人たちが時間を作ってくれて、暖かい日々をすごすことができた。
皆さんありがとうございました。
何度も書いたことだけれど、病を得なければ、今年も忙しく働き帰省など夢のまた夢であったに違いない。病気になったことはつらいことだけれど、神様から大きなプレゼントをもらったのかも知れないと心から思う。

昨日は久しぶりに病院で診察を受けた。血液の状態等特に変わりないということで、抗がん剤(TS-1)の4クールめをスタート。またいろいろ副作用も出てくるだろうけれど、こうして薬を飲めることも考えてみれば幸せなこと。TS-1がすい臓がんの治療薬として保険適用になったのは約三年前のことらしく、それまでは個人輸入して服用していたそうなのだから・・・

と、感謝感謝とよい人になりきってしまうと、ほんとに「仏」になってしまいそう(!)
適当に本来の悪いキャラも出しながら、つづって行きたいと思う。
本年もよろしくお願いいたします。
| comments(2) | trackbacks(0) | 07:56 | category: 心が和むもの |
# 昭和レトロ
 死期が迫っているからなのか(!!!)、最近子どもの頃好きだったものがとても気になる。(私は1964年/昭和39年生まれ)
もともと昭和レトロは好きで、病気になる前から、リカちゃん人形・バービー人形の収集が趣味だったりしたのだが、なんだか記憶の扉が開いてしまった感じ。

思いつくままにあげると、法事の時よく置いてあった「レモンケーキ」、エレクトーンの発表会の記念にもらった「泉屋のクッキー」、なんだかとってもおいしかった「ベルンのクッキー(特にチーズ味)」、「チャオ」(中にチョコのはいったキャンディ)・・・とこのへんはもう一度食べてみたいもの。
おもちゃでは「ロコタン人形」「ちびっこちーちゃん」(ほんとはリカちゃんがよかったのにと不満を持っていた・・・今思うともっとかわいがってあげればよかった)、アタックNo1とかパンダとか果物柄の千代紙、香りのするシールや鉛筆、ああ、懐かしくて涙が出そう。
あまりメジャーではないかもしれないが、ボードゲームの「ティルト」というのを家族でよくやって面白かったこと、「8つの手品」(これは今でも売っている)をクリスマスにもらってうれしかったこと、あと「シーモンキー」を大騒ぎして買ってもらったのに、飼育に失敗したこともあったっけ。

まだまだ思い出しそう・・・
そのうちに、何だかとてつもない散財をしてしまいそうな予感がします。
| comments(2) | trackbacks(0) | 08:38 | category: 心が和むもの |
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links