<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# こうやって生きてきた
 2010年6月13日(日)、このブログに時々登場してもらっている元同僚のSさんと夕ご飯を食べた。
今週末(19日)から2泊3日で四国の徳島に二人で旅行に行けることになったので、その打ち合わせである。
ガイドブック等を広げたいので、会社の近くの、全部の席が小さい個室になっている居酒屋さんにはいることにした。

以前利用したときとメニューが変わっていて、なんと「全てのメニューが270円均一!」と書いてある。
さすがに銘柄の日本酒とかプレミアムのビールにはやや高めの別の値段がついているものの、その他のものは全て270円らしい。
私はこういう値段設定になっているお店に入るのは初めて。
270円ではどんな物が出てくるかと心配しながらサラダや刺身(まぐろならまぐろと、一つの種類が270円)などを注文したのだが、サラダは大鉢とまではいかないもののちゃんと「中鉢」だし、刺身も肉厚のものが5切れほどずつ乗っていて、味もおいしく、これで270円ならお得かも・・・という感じ。

しかしお酒の飲めない私が頼むウーロン茶やカル○スウォーター、小さいざるにはいった枝豆なんかも等しく270円なのだ。はっきり覚えていないが、こういうの、前は270円しなかったはず。
ちょっと複雑な思いが頭の中を駆け巡る。
そうかそうか、お客さんが得するメニューもある代わり、損するメニューもあるシステムなんだね。
そう思い始めたら、素直に食べたいものを注文するのが出来づらくなってきた。

一通り食べた後、私はシンプルに梅のおにぎりとバニラアイスを食べて終わりたいと思った。
しかしおにぎり1個頼んでも270円だが、同じページに載っている一皿の「高菜ガーリックチャーハン」も同じ270円なのだ。
そして小さくて丸いバニラアイスも当然270円だが、「倒れたらごめんね!ロングチョコレートパフェ」(忘れたがこんなような名前)も、やっぱり270円・・・
なんか普通のおにぎりやバニラアイスを頼んだら、お店の人との勝負?に負けてしまうような気がして(笑)
だからと言って、今の私の身体は「高菜ガーリックチャーハン」や「ロングチョコレートパフェ」は全く欲していない訳だし。
さんざん迷った末、結局頼むことができないまま、お店を後にする。

帰宅して娘にこの話をしたら、「私もそういうシステムのお店に入ることあるけど、そんな風に悩まないよ〜」と笑われてしまった。
ほんと真剣に悩むようなことじゃないよね。
それに私は病気が進んできて、だんだん物が食べられなくなってきているという自覚があるので、どちらかと言えば普段はあまり栄養やら値段やらにはとらわれず(どっちみち高価でリッチなものは消化できないし)、食べたいものを食べるようにしているくらいなのに・・・均一価格に自分がこんなに反応するなんて、ちょっとびっくりしてしまった。

でもこうやって、いつも「どっちを買ったらお得かな?」と考えながら家計をやりくりして子どもを育ててきたのが私の人生だったんだろうね。
スーパーの肉売り場や魚売り場で、パックを一つずつ見ながら選んで悩んで・・・そうやって一日一日営んできた暮らしのありよう、頭に刷り込まれている考え方の根っこは、ガンになって長く生きられない立場になったからといって急に変われるものではない。
こうやって生きてきたんだから、こうやって死んでいこうっと(笑)
小市民のままで♪

今日は午後からCTの撮影と輸血があります。
CTはどんな悪い結果が出るかと思うと恐ろしいですが(悪い結果に違いないという自覚症状がかなりあります)、やはり勇気を持って検査してもらい、これからの日々、よりよい状態で一日でも過ごせるようにプランを立てていきたいと思います。
そして輸血♪ 貧血のだるさと戦いながらの毎日なので、正直輸血してもらえるのがとても嬉しいです。
血をくださる皆さん、本当にありがとうございます。
じゃあ、行ってきますね!



| comments(3) | trackbacks(0) | 10:25 | category: 外食 |
# 執行猶予
 今まで月曜日に抗がん剤治療をしていただいていたのが、今月からベッドの都合で火曜日になった。
なので本当は昨日(2010年2月8日)にするはずだった治療が本日(9日)になったので、一日「執行猶予」の日ができた訳だ。
していただいている治療を「執行」だなんて、ドクターにも看護師さんにも失礼極まりない言い方だが、薬を入れるとどうしても調子が悪くなるので私としては正直「執行」という気分。お許しください。

このせっかくの猶予の一日、何をしようか・・・というか主に「何を食べようか」と考えた。
「食堂かたつむり」「ジュリー&ジュリア」と料理を扱った映画を2本続けて見た影響もあり、結構食欲があって、珍しく何かがっつりしたものを食べてもいいかなという心境に。
(「食堂かたつむり」、ガンや母娘の話には違いなかったけれど、全然暗くなく、画面のすみずみまでかわいらしさにあふれた映画だったので、とっても楽しめました)
治療をしたらまたしばらく食べられなくなることはわかっているので、このチャンスを生かさなくっちゃ!と一生懸命考えた。

で、行ったのが、あの芸能人御用達で有名な?焼肉「叙々苑」(の横浜にある支店)。
夜はおそらくとーっても高いと思われるこのお店だが、お昼は千円くらいのランチがあるのを、前を通った時に気付いていたのだ。
950円の焼肉ランチ(お肉・ライス・スープ・サラダ・キムチ)のお肉の量はたぶん100グラム程度で、たぶん男性等には物足りないかも知れないけれど(500円くらいで肉のおかわりもできるみたい)、私には適量で、久しぶりに焼肉を食べたけれどおいしく味わうことができた。
焼肉食べられるんだから、まだまだ大丈夫! なぜか根拠のない達成感と自信に包まれる(笑)

満足したので、これから執行・・・じゃなくって、ありがたい治療に出かけてきます。
今、横浜はとてもいい天気♪ さすがにうきうきとまではいかないけれど、少しだけ明るい気分で行けそうです♪
| comments(3) | trackbacks(0) | 09:45 | category: 外食 |
# 食べることは生きること

 おととい(2010年2月4日)、昨日(5日)と二日続けて楽しいランチをさせていただいた。
4日は、ガン患者のサポートグループの皆さんと赤坂にある薬膳台湾料理のお店に行き、私は点心のランチを食べたのだけれど、点心の一つ一つは小さいながらも5つくらいお膳に乗っていたので、かなりお腹いっぱいに。
そこのお店は(天香回味というお店)、もう一歩お店にはいったとたん、台湾のフードコートと同じにおいがしておりお料理もまさに台湾で食べた感じそのまんまで、なんだか懐かしく感じてしまった(って、この間一回行っただけなのだが)
ちょっと好き嫌いのあるにおいかも知れないけどね。

そして昨日は以前勤めていた会社の総務のS沢さんと、「クイーンアリス」というかわいいフレンチのお店でランチのコースを。
去年のクリスマスにコンサートに連れて行っていただいた折にクイーンアリスの話が出て、一度行ってみたいねと言っていたのが実現したのだ。
お店の方おすすめのいちごのカクテル(ノンアルコールでも作ってくれる)はもちろん、コースのお料理もパンもとてもおいしく(しかもかわいらしい)、デザートは6種類から選べるので楽しく迷い、なんだかわくわくしてしまった。
生まれて初めて「鹿」も食べてしまった。あの奈良にいるような鹿だったのかしら、この鹿・・・

食事の予定等を組む時、皆さんが抗がん剤治療の日を気にしてくれて、私がおいしく食べられる日に行けるよう気を遣ってくれているので、いつも楽しく食べることができる。
皆さん、本当にありがとうございます。
膵臓の腫瘍が胃を圧迫しつつあるらしく、実は家ではそんなに食欲のないことも多い私。
でも素敵なお店に連れてってもらって、おしゃべりしながらの食事だとびっくりするほど食べられるので、私と外食をしたことのある人はみんなきっと「食べられなくなってきているなんて、うっそー!!」と言うと思う。
食事って空腹を満たすことや栄養を取ることだけじゃないんだな、素敵な時間や人との関わり、日々生きるってことと深い関係があるんだな、っていまさらながら強く感じる。

そんなことを思いながらテレビを見ていたら、今日から公開の「食堂かたつむり」っていう映画のCMをやっていた。この映画のキャッチコピーが「食べることは生きること」。
で、あれ今私が考えていることと似てるじゃん、なんて思っていたら、内容も末期ガンの母親と娘のストーリーみたいで、久しぶりに「おっ、見に行かなくちゃ!」という気分になっている次第。
初日だから混んでいるかなあ? 泣いちゃうかな?ティッシュは多めに持って行った方がいいかな(笑)
今日はちょっと映画館にお出かけしてきますね(9:00AM記)

| comments(4) | trackbacks(0) | 09:00 | category: 外食 |
# 最後の昼餐

 今日(2009年12月14日)は抗がん剤(カンプト+シスプラチン)を点滴していただく日。
隔週月曜日の13時からで、今日で3回目の投与になる。
抗がん剤の前後に「デカドロン」という吐き気止めを入れてもらっているので、幸いものすごい吐き気からは逃れられているが、過去2回の経験からいくと、やはり薬の後3,4日はなんとなく気持ちが悪く、あまり食欲はわかない感じ。
どうしても「ウィ○ー・イン・ゼリー」とか果物中心の食生活になってしまう。

なので抗がん剤投与の前に食べる昼食が、まともに食べられる「最後の昼餐」。
何を食べてから病院に行こうかな、と前日の夜から考えている。
消化器が弱っているので、どっちみちそんなにがっつりしたご馳走は食べられないのであるが(悲)、少しでもおいしく暖かいものを・・・と病院周りにあるお店を思い浮かべながら、わくわくと考えている。
「一球入魂」ならぬ「一食入魂」である。

食事もそうだが、投与後はやっぱりだるく家事もはかどらないことがわかっているので、洗濯等やれることはだいたい済ませておく。
買い物もあまりできなくなるので、必要になりそうなものをネットスーパーで揃えたり。
寝ていても楽しく過ごせるよう、DVDとか本を仕込んだり。(もっとも本当に調子が悪い時は見られないけど)
カレンダーに赤い字で書いた「抗がん剤」の日を中心に、私の暮らしが組み立てられていく。

抗がん剤のことを常に考えそれに合わせて暮らしていくのは大変だけれど、そのうち抗がん剤が効かなくなり、打ってもらえなくなる日が来るだろう。
今は打ってもらえるだけ幸せなのだ。
今日も5時間幸せをたっぷりかみしめながら(笑)、リクライニングチェア上の人となってきます。

「脱毛と戦いながら ゆず湯かな」
「人生で最後の冬至 ゆず香る」 望 (サポートグループのメンバーの方にゆずをいただきました♪)






 

| comments(7) | trackbacks(0) | 08:27 | category: 外食 |
# 神様、見てますか?

 昨日(2009年10月24日)は、以前がん患者のサポートグループでご一緒させていただいた皆さんとランチをした。
サポートグループというのは、隔週(最初の何回かは毎週)1回、がん体験者で集まっていろいろ話をすることで心の支えを得る会。(ファシリテーターという主催団体の担当の方が話し合いに入ってくださる)
昨日お食事したのは「毎週」時代にご一緒した方たちで、今はそれぞれ仕事に復帰したり、別のグループに移ったりでしばらく会う機会がなかった。
なので、みんなしゃべるしゃべる!
このしゃべくりエネルギーを発電(?)か何かに転換できないかと思ってしまったほど(笑)

そしてしゃべりながら、せっせと中華のコースを食べる。
味を文章化するのはやや苦手なので遠慮しておくが、チャーシューと茄子の前菜・蟹と卵のスープ、シュウマイ、そしてかぼちゃや貝柱の炒め物・エビチリ・野菜の煮込み、締めの牛肉あんかけチャーハン・杏仁豆腐まで、しっかりと中華のフルコース。
こんなに盛りだくさんのコースをちゃんとしたあの中華の「くるくるテーブル」で食べるなんて、本当に久しぶりのことだし、どれもおいしくて、びっくりするほど食べてしまった。
私は膵臓腫瘍のため胃が後ろから圧迫されて機能が落ちているので、たくさんのものを一気に食べてはいけないと先生に言われているのだが(いっぺんに食べると、本当に胃がボールのようにポコンとなります)、こういうコースだとある程度時間が経ってから次の料理が出てくるので、ちゃんと食べられるのさ。

中華のあとお茶をしに別の店にはいったのだが、そこでも食べる食べる(&しゃべるしゃべる)
紅茶にハーフサイズのケーキが3個付く「アフタヌーンティーセット」を注文し、軽々と完食。
ハーフサイズとは言っても3個だから! 0.5X3は1.5個だから!

そして、こんなに食べたから夕飯は軽くていいかなと思いながらも、乗換駅で「まい泉のヒレカツサンド」(大好物)を売っているのに遭遇してしまい、夜はヒレカツサンドをがっつり食べる。
ヒレカツサンドの一切れはかなり小さめだが、6切れ入りだから!

歩道橋の階段や坂道もしっかり上って、そして下りて・・・
しゃべって食べて、笑って騒いで・・・少なくとも10月24日のこの日一日、最初から最後まで私は元気に生きていた。
神様、こんな私をちゃんと見てくれてますか?
こんなに元気なのに、やっぱり半年後は招かれちゃうんでしょうか?
ちゃんとちゃんと、しっかり見てから決めてくださいね〜








| comments(2) | trackbacks(0) | 10:13 | category: 外食 |
# 豆腐は豆腐

 2009年8月29日(土)、いつもこのブログを読んでコメントをくださるBさんと、ランチ&おしゃべりを楽しんだ。
Bさんが豆腐料理のお店を探しておいてくれたので、そこで「やすらぎ膳」というミニ豆腐懐石のようなお料理を注文する。

先日、蕎麦屋さんの口コミを「食べログ」に書き込もうとしたのにいまいち上手く書けなかったので(「おとなの週末」という記事に顛末を書きました)、今度こそ豆腐料理の微妙なおいしさを文章にしなければ、とひそかにはりきっている私。
最初に出てきた「自家製おぼろ豆腐」に「京とうふ藤野の豆乳」を、じっくりと味わう。
おぼろ豆腐には梅胡麻というピンクの胡麻をかけて食べるのだが、「わー珍しいね、これ書こう」。
豆乳は「ほんとお豆腐がそのまま液体になったみたいだね」・・・ん?なんか小学生の感想からあまり進歩していないような。
その後どーんとお膳が出てきて、「生湯葉のおつくり」や「豆腐と揚げ湯葉のサラダ」、あと名前のわからない豆腐系の煮物、その他茶碗蒸し・揚げ物・ごはん・漬物・味噌汁となかなかのボリューム。お膳に続いて田楽も登場し、まさに豆腐づくし。

どれもおいしくてほとんど食べつくしてしまったのだが、肝心の感想が・・・・「すごい、みんな豆腐だね!」って感じ。
口から出る言葉も、「お味噌汁の具まで豆腐だ」「お漬物がおいしい」みたいなことばかり。うわあ、だめだ、今回も上手く書けなさそう(実際まだ書き込んでいません)

前回のお蕎麦屋さんの時日傘を忘れて届けてもらったので、レジのところでBさんと「今日は日傘は忘れてないよね」「うん!今度も忘れたらバカだよね」と確認していると、後ろから「お客様、これをお忘れでは?」とハンカチを差し出された。
!!! またやっちゃった・・・!
一つ気をつけてもまた一つ忘れる私。豆腐料理には「あー、すごく豆腐だね」という文章しか浮かんでこない私。

こんな私をランチに誘ってくれて、ありがとう、Bさん♪
上手い感想は書けなくても、お料理を食べながらのおしゃべりは、やっぱり最高のごちそうです♪


 

| comments(2) | trackbacks(0) | 10:13 | category: 外食 |
# おとなの週末

 昨夜(2009年8月22日)、友人が雑誌「おとなの週末」で見つけたというお蕎麦屋さんに連れて行ってくれた。
ご家族でやっていると思われるこじんまりとしたお店だが、雰囲気やサービスもよく、お蕎麦だけでなく一品料理やアジアンスイーツなどもあり、雑誌に載るだけのことはあるなあと納得。

満足してお店を出た後駅まで歩いていると(既に結構お店からは離れていた)、ご主人が全力疾走(?)で追いかけてきて、「忘れ物ですよ」と日傘を手渡してくださった。
!!!  私はうっかりして日傘を椅子の背にひっかけたまま、お店を出てしまっていたのだった。

暑い中走らせてしまって申し訳なかったし、何よりとても感じがよくおいしいお店だったので、なんとか感謝の気持ちを表せないものか・・・と考えた末、思いついたのがネットの飲食店口コミサイト。
あれに書き込めば感謝の気持ちも示せるし、微力ながらお店の宣伝にもなるのではないかと思ったのだ。

「食べログ」というサイトでそのお店のページを開き、早速口コミを投稿しようと試みる。
でも、意外と上手に書けないものなんだね・・・食べ物の感想って。
味噌焼き(西京味噌にくるみとねぎを混ぜて焼いたもの←生まれて初めて食べた)、煮豚、地鶏の炭火焼、豆腐の味噌漬け(これも初めて)等の一品料理を頂き、お蕎麦は雑誌でいちおしだった「すずしろ」という大根・大葉・みょうががたっぷり乗ったものを選び、どれも私にはおいしく珍しかったのでそれを文章にして書きたいのだが、できあがった文章は「〜はおいしかった」「ちょうどよかった」・・・って、まるで小学生の作文。
漫画の「美味しんぼ」みたいに、「まったりと舌にからみつき」とか「ほとばしる爽やかさ」みたいな気の利いた表現でもしてみたいのだが、文章能力と味覚の鋭敏さの両方に問題があるようで、全く言葉が浮かばない。
彦麻呂さんみたいに「味のサンバカーニバルや〜!」というような楽しいたとえが浮かぶ訳でもないし。
「王様のブランチ」(関東地区で放送してる情報番組)のグルメコーナーに出てくるギャルレポーターが、「おいしーい!!」とか「きゃー、きれい!」というようなコメントしかしないので、「何でこんな娘たちに高い料理を食べさせるのよ!?」といつもブーブー文句を言っている私だが、彼女らがそれしか言えない理由がわかったような気がする。
今までごめんなさい、ブラン娘(「ブランチ」に出てくるリポーターをこう呼ぶらしい)さんたち。
味を言葉で表すって、とってもハードルの高いことだったのね。

とは言え、「口コミ投稿」はなかなか面白い感じなので、これからも時々やってみようと思う。
「おとなの週末」を読んで、文章の修行をしなくっちゃ♪

「食べられぬ その日が来るまで 食べてやる」 望

| comments(3) | trackbacks(0) | 17:14 | category: 外食 |
# 食感を楽しむ
 「ぐるめ亭」という回転寿司に連れて行ってもらった。回転寿司の中では、ちょっと高めなのかもしれないが、メニューも豊富で結構気に入っている。

せっかく「ぐるめ」と名のつくお店に行っても、薬の副作用であまり味を感じなくなっている私。
と、いうことで味はおいといて、食感で食べられるものの研究日とした。
まず茶碗蒸し。やわらかく、味を感じなくても普通においしい。
寿司ねたでは、白魚や生しらすの軍艦巻きがよかった。魚の感じもわかるし、のりのぱりぱり感で楽しめる。
「ゆず塩イカ」というゆずの乗ったのも、香りで結構いける。
あとマヨネーズ味はまあまあわかるので、かにサラダもOK。
最後にメロンのみずみずしさを味わって、ごちそうさま。

何も考えずにぱくぱく食べていたときは、食感なんてあまり気にしたこともなくて、味だけでおいしい・まずいを判断していたけれど、今になって、食感や料理の温度、香りがいかに大事であるか気付いた感じ。
味を感じなくなって、1ポイント減ったが、重要なことに気付いたので1ポイントプラス。(私のご機嫌ポイント帳の数)
あと「味を失っていろんなことに気付いたっていうのが、ちょっと<人魚姫>(声を失って足を得る)みたいでロマンチックじゃない?」と少し思っている私♪
| comments(0) | trackbacks(0) | 07:33 | category: 外食 |
# 旬菜食健 ひな野(自然食ビュッフェレストラン)
 私の誕生日が近いということで、両親が訪ねて来てくれた。昨年までは、プレゼントを送ってもらい電話で話す程度であったのだが、今年が最後の誕生日になるやも知れぬという予感があったのか(笑)、わざわざ来てくれたのだ。
「行けそうなお店、決めといてね」と言われたのだが、量が食べられず、脂質の高いものはまるで消化できない私にとっては、外食でどこに行くかは非常に難しい選択。いろいろ考えた末、自分で食べられそうな物をチョイスできる自然食バイキングのお店に行くことにした。

結果は成功かな♪
「季節の野菜の天ぷら」「秋茄子の揚げ煮」「南瓜と青菜のマカロニグラタン」あと「カレー」「ハヤシ」なんかにはちょっと手を出せなかったが、「散らし寿司」「雑穀米のオムライス」「京芋の含煮」等、安心な料理を、ほんとにちょっぴりずつだが、たくさんの種類味わうことができたので。
出された物を残してしまう、気まずさや心の痛みもないしね。

あとノンカフェインということで気になっていた「ルイボスティ」があったので飲んでみる。感激するほどおいしいものではないが、確かに体に優しい感じがした。

病気になる前は、いかに何も考えずに食べていたことか!今の私は何をどう食べて命をつなぐか、心のどこかでいつも考えているような気がする。
| comments(0) | trackbacks(0) | 07:04 | category: 外食 |
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links